ハロウィン「エンド・オブ・デイズ」 サタン

 悪魔のイメージである山羊の頭をした人型クリーチャーに、蝙蝠や蜘蛛、蛇など人が忌み嫌う生物の特徴を取り入れ
さらにゾンビ化させて内臓垂れ流した(スタンウィンストンスタジオの)デザインはキモかっこいい。
なんとかハロウィンに間に合った。
背面は資料不足のため、かなりアレンジしてしまったが…。
0

    at 21:52, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

    comments(0), -, pookmark

    「エンド・オブ・デイズ 」サタン_WIP

    もうすぐハロウィンということでおどろおどろしいクリーチャーを作り始めた。

    しかし映画の中では1分も映ってないし、webやDVDを漁ってみたが資料も少ない。
    どうなっているのか分からないところは適当にアレンジしている。
    0

      at 09:14, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

      comments(0), -, pookmark

      ゴジラ/その2

       体表をどうするか?最初は日本バージョンみたいにするつもりだったが
      ハリウッドバージョンみたいなほうがリアルかなと思い
      部分的に両者の良い方を取り入れてオリジナルゴジラにすることにした。
      0

        at 13:50, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

        comments(0), -, pookmark

        ゴジラ/その1

         勢いで作り始めたが、完成させるかどうかは後の気分次第。
        2014ハリウッド版はメタボすぎるな。あれじゃ疲れて倒れるのも当然。
        次回作までにはもっとダイエットしておいて欲しい。
        0

          at 17:33, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

          comments(0), -, pookmark

          パスに沿って歩行

          恐竜CATベースの[モーションパネル]から
          RunningManアイコンをクリック

          ・CATMotion Layer(歩行走行等繰り返し動作レイヤー)が作成され

          ● CATMotion Editor(猫の手ボタン)をクリック
           
          [CATMotion]:[Globals]:[Walk Mode]
          ・Walk On Spot(その場歩行)


          ・Walk On Line(まっすぐそのまま歩行)


          ・Walk On Path Node(パスに沿って歩行)

          ポイントヘルパー作成
          [CATMotion]:[Globals]:[PathNode]でポイントヘルパー選択

          恐竜がひっくり返るのでポイントヘルパーを回転させて向きを正す。

          スプラインを引きポイントヘルパーを[アニメーション]::[パスコンストレイント]

          再生するとポイントヘルパーはスプラインに沿って移動するが、恐竜の向きが合ってない。

          ポイントヘルパーを選択
          [モーションパネル]:[パスパラメータ]:[フォロー]にチェック
          ポイントヘルパーを回転させて向きを正す。

          足跡は自由に編集可能。

          [CATMotion]:[Globals]::[Preserve Character Shape]背骨のカーブ。
          1.0=背骨まっすぐ


          0=軌跡に沿って背骨カーブ


          〇起伏上の歩行
          地面を作り

          起伏を付けると恐竜が埋もれてしまう。

          [CATMotion]:[Limb Phases]:[Pick Groundボタン](地面検出)
          地面をクリック

          恐竜が起伏上を歩く。

          0

            at 17:29, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

            comments(0), -, pookmark

            ラプトルCATモーション歩行テスト

            ラプトルにCATリグを仕込んでスキンモディファイアを適用し
            エンベロープを調整。
            細かいウエイト調整まではしてない。

            試しにCATモーションで歩かせてみた。 

            人体と違って、あまり細かい調整をしなくても
            そこそこそれらしく動いてくれる。

            それに比べてブルース・リーのウエイト調整は難しすぎる。orz
            0

              at 00:06, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

              comments(0), -, pookmark

              三角ポリゴン発見(;゚ Д゚)

              このラプトル、全て四角ポリゴンでモデリングしたはずなのだが
              編集可能ポリゴンにして[polysel]で三角ポリゴンを検索してみると
              歯の部分にいくつか三角ポリゴンを発見!(;゚ Д゚)
              ターボスムーズをかけると三角ポリゴンのところがきたない。

              勝手に三角化するなよ!ヽ(`△´)/
              ポリゴンに変換モディファイアでもポリゴンの最大サイズは制限できても
              最小サイズを制限できないのでスレショルド値を上げても三角ポリゴンが残ってしまう。orz
              たしかに非平面だが、LightWaveならこんなことないぞ!

              仕方がないので要らないエッジを手動選択してリムーブ。
              しかしリムーブできないエッジもある?
              含まれてる頂点が連結されてないようだ。
              ターボスムーズをかけると三角ポリゴンのところが飛び出していたのは連結されてなかったからか。
              おまけに一部のポリゴンがフリップしてた。
              これも直して手動選択で連結。

              これで全て四角ポリゴンに戻った。
              しかし、なんて面倒臭いのだ。orz
              もっと使いやすくならないものか?

              LightWaveのMergeTrigonsみたいに
              隣り合った2つの三角ポリゴンを自動的に1つの四角ポリゴンに
              直してくれるモディファイアとかスクリプトはmaxには無いの??
              教えてmax使いの人。(≧ω≦)
              0

                at 00:24, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

                comments(0), -, pookmark

                ミノタウロスその17/プロップモデリング

                ミノタウロスに持たせる斧のスカルプト。

                どうせ細部までは見えないので
                アルファ画像を使ってそれらしく手っ取り早く仕上げた。


                ミノタウロスもだいぶ出来上がってきた。
                完成後の画像は年が明けてから(^^。
                0

                  at 00:07, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

                  comments(0), -, pookmark

                  ミノタウロスその16/マテリアルベイクでスペキュラマップ


                  スペキュラマップはMatCapの適当なのをZAppLinkでマテリアルベイクして作った。

                  早くZBrushでもスペキュラマップに対応して欲しい。
                  次バージョンでは複数テクスチャ扱えるそうだから
                  ひょっとして…。
                  0

                    at 00:16, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

                    comments(0), -, pookmark

                    ミノタウロスその15/キャラスタエンベロープ

                    3ds maxでローポリにキャラスタのBipedを仕込み、Physiqueでエンベローブを設定する。
                    それにターボスムーズをかけて細分化し、ディスプレイスメントマップで変形させてる。

                    肩のテクスチャが伸びてる感が否めないが
                    極端なポーズをさせない限り、大きく破綻することは無い。
                    下顎や角、眼球はあとでBiped頭部にリンクさせる。
                    0

                      at 00:05, しまざっきょ@ghostman, クリーチャー(ZBrush)

                      comments(0), -, pookmark