<< JKC-EM103-F&JKB-RS104-F | main | モーガン・フリーマン像ペーパークラフト化 >>

デジタルアクションフィギュア素体

ポーズ付けするにはいくつか方法があるが、他のソフトに頼らずなるべく簡単にできる方法はないかと思い
アクションフィギュア素体のデジタル版があったらいいかと
ここを参考にデジタルフィギュア素体作ってみた。

各パーツをポリグループ分けし、動かしたいパーツだけを選択して他パーツにはマスクをかけ
トランスポーズのローテイトモードでフォワードキネマティクスでポーズを付けていく。
まだまだ面倒くさいがデジタルフィギュアを作る上では使えるだろう。
.ポーズ付け完了。
.下位サブディヴレベルを削除。
.解像度高めに設定してダイナメッシュし各パーツを一体化。デュプリケイトして複製を取っておく。
.ダイナメッシュのままでは重いのでZリメッシャーでリトポ。
.で作った複製にディバイドしてプロジェクトオールし細部の再現。
必要に応じて手などは別サブツールにいしておくと良いだろう。
このあと継ぎ目やおかしなところをスカルプト修正して行く。

カスタムマネキン化失敗
マネキン化できればもっと楽にポーズ付けできるのではと思い
カスタムマネキン化を試みたが、パーツが変形したり思う位置に来なかったり…
もっと時間をかければできるかもしれないが今回は断念した。orz 
0

    at 00:08, しまざっきょー@ghostman, 素体 ベースメッシュ(ZBrush)

    comments(0), -, pookmark

    comment