<< 靴下の素 | main | セーラー服のスカルプト >>

プリーツスカートの素(先に折り目を入れてしまっておく方法)

先に折り目を3Dレイヤーに格納して
ポーズを付けて変形させた後、3Dレイヤーをオンにして折り目を表示させる方法。

円筒形のコップを逆さに伏せた様な形状を作り
プリーツを入れたい場所のポリグループを分けておき、ストアモーフします。
(外部3Dモデラーを使用して)頂点番号を保ったまま弁当のおかずカップの様なギザギザな形に折り目を入れます。
それをインポートすると形状が入れ替わります。
スゥイッチすると円筒形とギザギザが入れ替わります。
プリーツを入れたい場所のポリグループだけを表示させてクリースをかけます。
デュプリケイトして複製を2つ作成。
1つは円筒形のままディバイドして最高SDivレベルでストアモーフします。
2つ目はギザギザ形にモーフさせてからディバイドして最高SDivレベルでエクスポートします。
1つ目の最高SDiv円筒形に先ほどの2つ目のOBJをインポートすると形状が入れ替わります。
スゥイッチすると最高SDivで円筒形とギザギザが入れ替わります。

このままでは円筒形にポーズをつけてもモーフするとポーズが付いてないギザギザ形状に変わるだけなので
最高SDivで円筒形に戻し、3DレイヤーをRECにしてモーフターゲットをスゥイッチします。
するとギザギザ形状がモーフターゲットから3Dレイヤーに格納されます。
3DレイヤーをオフにしてからSDivレベルを下げてムーブなどで大体の形状にポーズを付け、
SDivレベルを上げて皺などスカルプトします。
再び最高SDivで3Dレイヤーをオンにするとプリーツが現れます。
あらかじめUVマップを作成しておくと模様テクスチャ等入れやすいです。
素を作るまでは面倒くさいですが、一度作ってしまえばいろんなポーズに流用が利きます。
欠点:後から拡大縮小して大きさを変えるとエッジ部分が変形して変な形に…(ノД`)
0

    at 12:19, しまざっきょー@ghostman, デジタル原型フィギュア 3Dプリント 立体出力

    comments(0), -, pookmark

    comment