<< Zプロジェクトでトポロジーを変えるテスト | main | 四足動物素体その2 >>

Reproject Higher Subdiv

引き攣れた部分とかの修正に新機能Reproject Higher Subdivを使ってみた。

サブディビジョンのレベルを下げ、メッシュをスムースブラシで均し、
Tool>Geometry>Reproject Higher Subdiv(上位サブディビジョンを再投影)をクリックすると、
メッシュのトポロジーをリラックス(歪みを無くす)して、
下位レベルのトポリジー構造に上位レベルのディテールを最投影する事ができる。

まだ完全ではないけど、だいぶ直った。
スムースブラシで均したり、何回か繰り返せば直る。

Zプロジェクトでトポロジー変換した馬。

ソースより凹んだ部分はZadd、膨らんだ部分はZsubで近づけて行く。
0

    at 00:30, Shimazaki Kyoichi, ZBrush

    comments(2), trackbacks(0), pookmark

    comment
    あつみ, 2007/08/17 1:54 PM

    こんにちは。

    Reproject Higher Subdivは、これとは逆の使い方をするものだと理解しているのですが、どうでしょうか?

    上位でいろいろブラシを使ってスカルプトするうちに、メッシュの流れがひきつれたりゆがんだりするのを直したい…しかし、形そのものは保っておきたい。
    そこで、下位のローポリでメッシュの流れを手作業で直して、最後にReproject Higher Subdivすることで、上位のメッシュのゆがみだけを直す……という使い方をするものではないかと。

    つまりこの記事の場合だと、右前足の引き攣れで出来た形状を保ったまま、メッシュの流れだけはきれいになるということになると思います。

    ですので、上位でまずスムースそのほかのブラシでスカルプトをしなおす。
    その上で下位でメッシュの流れを整えてReproject Higher Subdivするという手順になるのではないでしょうか。

    ghostman, 2007/08/17 2:30 PM

    > 上位でいろいろブラシを使ってスカルプトするうちに、メッシュの流れがひきつれたりゆがんだりするのを直したい…
    >しかし、形そのものは保っておきたい。
    > そこで、下位のローポリでメッシュの流れを手作業で直して、最後にReproject Higher Subdivすることで、
    >上位のメッシュのゆがみだけを直す……という使い方をするものではないかと。
    >
    > つまりこの記事の場合だと、右前足の引き攣れで出来た形状を保ったまま、
    >メッシュの流れだけはきれいになるということになると思います。

    説明が下手で申し訳ない。そのように書いたつもりなのですが…。
    図でも、上位メッシュの引き攣れ→(下位で)Reproject Higher Subdiv→上位メッシュの流れきれい、となってると思います。
    ただ、下位のローポリ図は省略しています。

    > ですので、上位でまずスムースそのほかのブラシでスカルプトをしなおす。
    > その上で下位でメッシュの流れを整えてReproject Higher Subdivするという手順になるのではないでしょうか。
    上位の形状を保ちたい、ただ引き攣れだけを直したいので、上位ではスムースをかけたり弄ったりしません。
    下位でスムースをかけたりもしくはかけなくても、Reproject Higher Subdivすれば
    上位の引き攣れた部分は直ってるという具合です。

    もっと分かりやすく言えば、上位は弄りません。
    下位でReproject Higher Subdivする→上位が直る。ということです。










    trackback
    url:トラックバック機能は終了しました。