ZBrush→Light Wave→3ds max


今回はなるべく軽くするために身体はディスプレイスメントマップは使用せず
ノーマルマップだけ使用。そのため身体はCage化はしない。
形状の再現度が重視される頭部だけはディスプレイスメントマップとノーマルマップを併用することにした。
そのため頭部だけCage化。

全身で約1万ポリゴン。
ZBrushから吐き出したobjは中心点と左右対称が微妙にずれてるのでLight Waveで修正。
もちろん完全左右対称ではまずいので、その辺の調整も。
(別にLight Waveを通さなくてもいいのだが、やり易いので。)

3ds maxに読み込んでみたら
いくつかちょっとした修正箇所が見つかった。
GoZ使えばもっと楽できるようになるのかな?
0

    at 00:03, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

    comments(2), -, pookmark

    Clothing Brush Set

    ちょうど Ryan Kingslien氏の縫い目ブラシが出てたので
    手袋を縫ってみた。
    線がへなへなです。orz
    なかなか上手く線が引けず、何度もやり直してコレです。

    ZBrushCentralで服や靴を綺麗にスカルプトしてる人を見かけるが
    凄いなぁと思ってしまう。
    0

      at 01:47, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

      comments(0), -, pookmark

      ZBrush/ポリペイント⇔フォトショップ/テクスチャ


      ZBrush⇔フォトショップ間を行ったり来たりで
      ポリペイント⇔テクスチャでペイントしてテクスチャを作成して行く。
      元のテクスチャよりポリペイントは解像度が落ちるので
      変えたくない部分はフォトショップでテクスチャ画像を保持して
      後で合成する。
      0

        at 00:05, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

        comments(0), -, pookmark

        ZAppLinkで顔のテクスチャ

        バックグラウンドにImage Planeで写真を表示し
        Model OpacityでToolを半透明にして大きさと角度とパースを合わせ
        まっさらなテクスチャを用意してからZAppLinkをクリック。

        フォトショップで画像を合わせ結合したら、再びZBrushに戻り
        元になるテクスチャマップを作成。

        ずれたり伸びたりしてる部分はこの後修正して行く。
        0

          at 06:59, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

          comments(0), -, pookmark

          革ジャンのテクスチャマップ

          ZBrushのマテリアルベイクで作った革ジャンのテクスチャマップのアップ。
          たぶん、この皺までは映らないんだろうな…。
          0

            at 00:01, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

            -, -, pookmark

            毛穴を深くする裏技

            maxでレンダリングしたところ、毛穴のノーマルマップが弱いようだ。
            数値を上げると他の皺まで強調されてしまうのでNG。

            3Dレイヤーで毛穴等細部のディテールをスカルプトしてあれば
            Intensityスライダで深さを調節できるのだが
            このシュワちゃんは3Dレイヤーを統合した後で
            統合前の顔は修正前で形が変っているためプロジェクトオールできない。
            (プロジェクトオール自体はできるのだが、修正前の顔に戻ってしまうので意味が無い。)
            そこで簡単に毛穴を深くする方法を考えた。

            最高SDivレベルでStoreMTしておく。

            新たに3Dレイヤーを作成して毛穴をスムースブラシで消す。

            Intensityスライダをマイナスにすれば毛穴が現れ、深さ調節ができる。
            0

              at 23:40, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

              comments(0), -, pookmark

              maxでテストレンダリング

              828ポリゴンと
              2048ポリゴンの頭部を
              3ds maxでテストレンダリングしてみた。
              他の条件は同じになるようにしてある。

              やはりポリゴン数が増えたほうが再現度が上がってる。
              0

                at 00:08, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

                comments(0), -, pookmark

                Roadkill UV Tool

                なぜかZBrushでリトポしたobjは3ds maxでUV展開して再びZBrushにインポートすると
                頂点番号が変わってしまいます。
                ってか、3ds maxにただ読み込んでエクスポートしただけでもう頂点番号が変わってしまっています。
                max→ZB→max=OK
                ZB→max→ZB=NG
                以前狛犬でやったときは確か大丈夫だったのになぁ…おかしいなぁ??

                LightWaveならそんなことはないのですが
                UV編集する際に切り裂いたエッジ部分のポイントが一部固定されて移動できなくなってしまいます。

                これを解除するにはUnweldしなければならず、その時点で頂点番号が変わってしまいます。

                そこで頂点番号を変えずにUV展開できるフリーソフトを探したところ
                良いものがありました。

                Roadkill UV Tool
                道路で轢かれてぺしゃんこになった死骸から名付けられたのでしょう。
                日本語の使い方はありがたいことにこのページで解説されています。

                これが簡単で使いやすく、緊張度も色分けで見れて
                かなり良いのですが、ちょっと不満を言わせてもらうと

                ×スケールはできるがストレッチできない。
                ×テクスチャマップ表示ができない。
                ×頂点を座標に従って整列できない。
                ×投げ縄選択を付けて欲しい。
                ×左右対称モードを付けて欲しい。
                ×自動レイアウトがイマイチ方向バラバラ隙間空きまくりをなんとかして欲しい。
                ×レイアウトしてからどこか切ったり貼ったりしたとたん、強制的に自動レイアウトに戻ってしまい
                またレイアウトのやり直しなんてことも…

                欲を言えばきりが無いですが、無料のソフトなんだから贅沢は言えません。

                ※試してないけどメタセコのUV展開でも頂点番号が変わることはないようです。
                0

                  at 00:54, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

                  comments(0), -, pookmark

                  エッジループで付け足し

                  口内や鼻の穴のような凹んだ箇所はリトポし難いので
                  後でエッジループで付け足した。


                  0

                    at 00:09, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

                    comments(0), -, pookmark

                    アーティファクトエラー現象

                    耳とか凹んだ箇所はアーティファクトエラーが起き易い。
                    しかしそれ以外にも予想外の結果になっていることがある。

                    これはスムーズブラシ等でなるべく最高SDivレベルで消して行く。

                    SDivレベルを行き来しながら消すと最高SDivレベルに戻ったとき
                    最初とは違った所にアーティファクトが起こったりして
                    またそれを消す作業を繰り返さなければならなくなる。


                    でもどうしてもそのSDivレベルで消せなくなったなら
                    SDivレベルを下げれば消せるようになる。

                    この現象はリトポ以外にもプロジェクトオールでも起こり易い。
                    ある程度は覚悟してStoreMTしておいてからスムーズブラシ等で消すようにする。
                    0

                      at 00:16, しまざっきょー@ghostman, ターミネーター(LW,ZB,max)

                      comments(0), -, pookmark